システムキッチンとは

システムキッチンとは最近多くなってきた日本の台所の形態の一種です。欧米ではビルトインキッチンと呼ばれているキッチンに似ていますが、スペースの有効活用やデザイン性、用途を重視して多機能な使い方ができるキッチンのことを表しています。 機能的な収納が特徴で、システムキッチンという言葉自体は1973年にできています。

システムキッチンにあるものと言えば、レンジフードからコンロ、ワークトップと呼ばれる調理する場所、シンク、水栓、収納棚など。どんなスペースでも、どんな広さでも活用できるよう、キャビネットや素材、色まで選べる仕組みになっています。 システムキッチンはデザイン性に優れているところが良い点ですが、使いやすさを重視して選ぶ方が多いでしょう。メンテナンス性や各種設備の耐用年数など使いやすさは数十年を見越して考えるものです。 特に重要なのは「スペース」でしょう。高さやワークトップの広さ、コンロまでの近さや水場の遠さなどシステムキッチンを選ぶ際には重要なポイントとなります。

システムキッチンの一番の良い特徴は、「左右にカニ歩きで料理ができる」という点でしょう。時間にも動きにも無駄のない調理ができますし、あっちへ行ってこっちへ行ってと調理にバタバタする必要がありません。 だいたい高さが90センチから120センチほどなので、調理をするにもすごく良い姿勢で行うことができます。 日本のシステムキッチンはほぼ間違いなくデメリットがないものでしょう。 ですがやはりそれも個人差があり、背の高い方は上部にある収納を好み、背の低い方は下部にある収納スペースを好む、なんて違いもあります。

当サイトではシステムキッチンのデメリットについてもご紹介しています。使いやすいさや良さはなんなのか?これからリフォームを考えている方におすすめです。

▼特選サイト
給湯器の購入や交換をする際に便利な出張工事も請け負う給湯器専門の通販サイトです →→ 給湯器

Copyright © 2014 システムキッチンの良いところ All Rights Reserved.